2015年03月09日

新商品発売情報

3月10日の山陽新幹線全線開業40周年と
同14日の北陸新幹線(東京・金沢間)開業を記念して、
山陽、北陸両新幹線を走るJR西日本の新幹線車輛を絵柄とする
「JR西日本<新幹線>フォルムカードセット」が、
本日9日、発売となりました。


jrwdaishigazo.jpg


絵柄の舞台は、山陽新幹線を兵庫県・岡山県・広島県、
北陸新幹線を富山県・石川県の各所とし、
山陽新幹線の人気車輛である「500系」「レールスター」などから
北陸新幹線を走る「W7系」までを揃えました。


500.jpg


個性的なフェースと色合いの「500系」。
西日本ならではの新幹線。姫路駅を出発する際、車窓に
世界文化遺産「国宝・姫路城」を望みます。


okayamadome.jpg

人気の「レールスター」。
背景は、晴れの国・岡山を象徴する青空と岡山ドーム。


DSC_0194.jpg

岡山駅を出て博多方面へ走る「レールスター」。
岡山駅のこのカーブが特徴的ですね。


DSC_0177.jpg

きれいな青空との組み合わせの岡山ドーム。
最大収容人員が6,000人超で、スポーツ、展覧会、コンサートなど
様々な催し物に利用されているそうです。


:::::


東京・金沢間が開業する北陸新幹線は、金沢と富山が舞台の2絵柄。
こちらは、JR金沢駅を東京方面へと出発する北陸新幹線「W7系」。

yu.jpg


DSC_0132.jpg

「和の伝統美と最新技術の機能美」がコンセプトとされる
W7系新幹線(2月・長野にて撮影)。

車体上部と帯の「空色」、帯の「銅色」、車体の「アイボリーホワイト」の
組み合わせが美しいですね。


その他、W7系新幹線と立山連峰、ドクターイエローと「マツダ スタジアム」、
「500系」と「N700系」の組み合わせ等バラエティ豊かな内容となっています。


詳細情報と販売エリアなどは以下のウェブサイトでご覧ください。

「旅」というコンセプトを軸に
「鉄道(車輛)x景色(シーン)」で構成する<鉄道フォルムカード>シリーズの
最新アイテムである「JR西日本<新幹線>フォルムカードセット」を
ご愛顧くださいますよう、よろしくお願い致します。


http://www.postacollect.com/news/2015/20150302_001.html



2013年03月19日

JR九州 鉄道フォルムカードセット



<ご当地フォルムカード>でも人気の絵柄である鉄道。

昨年発売の<都電フォルムカード>に次いで、
JR九州の新幹線、観光特急などの列車をモチーフにした
<JR九州 鉄道フォルムカードセット>が、
3月18日、九州内の郵便局で発売されました。

DSC_0014.jpg


N700系新幹線や新800系新幹線、SL人吉など
鉄道ファンや旅行者から高い人気を誇るJR九州の列車が、
九州ならではの雄大な自然などを
バックに走る情景を題材にしたデザインです。

フォルムカード4枚とミニカード1枚のセットが、A・B二種類あります。

yufuin.jpg

「特急 ゆふいんの森」と由布岳(Aセット)。

ibusuki.jpg

「特急 指宿のたまて箱」と開聞岳、菜の花(Bセット)。


九州旅行の記念としても旅先からのお便りとしても、
ご愛顧頂けますとうれしく思います。

絵柄とセット内容、価格、販売局等の詳細情報は
以下にてご覧ください。

http://www.postacollect.com/news.html#news01


2012年09月07日

都電フォルムカードセット-2



<都電フォルムカードセット>の旅、続編です。

内堀通りを国会議事堂とは逆方向
(日比谷・有楽町方面)へ進みます。
桜田門を過ぎて祝田橋からはじまる晴海通りを
そのまま真っすぐ進み数寄屋橋、銀座四丁目
を越えて右手に築地場外市場を見ながら
さらに歩を進めると、隅田川。

そこに架かる橋が、勝鬨橋(かちどきばし)です。

kachidokibashi.jpg

隅田川花火大会でも知られる隅田川。
今年の大会では新たな名所となった
東京スカイツリーとの初共演が話題となり、
95万人余の人出で賑わいました。

すみだがわ.jpg

その隅田川には多くの橋が架かっていますが、
清洲橋、永代橋と共に勝鬨橋は、
全国の都道府県の道路橋として初めて
国重要文化財に指定された由緒ある橋です。

DSC_0866.jpg

<都電フォルムカード>のミニカードが記念撮影。
絵柄では、橋が跳開している間、
都電が停車して待っています。
1回の跳開につき要した時間は20分だったそうです。

1940(昭和15)年の完成当時、
跳開橋として東洋一の規模を誇った
といわれている勝鬨橋。

その後、自動車等の交通量の増加や
川を航行する船の減少などにより
1970(昭和45)年11月29日を最後に
跳開されることはなくなりましたが、
30年に渡り跳開を繰り返していたのですね。

都電が勝鬨橋を走っていたのは、
47(昭和22)年から68(昭和43)年までのことでした。

勝鬨橋を築地側から
勝どき・月島側へ渡ってすぐ
中央勝どき郵便局があり、
その風景印は勝鬨橋となっています。

中央勝どき.jpg

(風景印日付は画像消去処理をしています)。



筆者は実際に渡ってみましたが、
勝鬨橋を歩いて渡る所要時間は約5分でした
(ゆっくりと歩いて)。

勝どき・月島側から築地方面へ向かう際に
橋の左側を歩くと、
築地場外市場や汐留地区の高層ビル群、
東京タワーなどを一望することができます。

勝どき2.jpg

:::::

つづいては、
建設中の東京タワーが描かれている
<都電フォルムカード>の絵柄ゆかりの地を訪れます。
描かれている当時の都電3系統は、
品川駅前〜飯田橋間を走りました。
絵柄の都電は品川行になっていますが、
ここでは品川駅前から辿ってみます。

DSC_0857.JPG

品川駅高輪口の前を走る
第一京浜(国道15号線)上に
停留所(電停)はあったそうです。

都電唯一のトンネルを走った(喰違見附トンネル)
ことでも知られる3系統は、
この品川駅前から札ノ辻、慶應義塾前を通過して
絵柄の赤羽橋にやってきます。

その後、虎ノ門、溜池、赤坂見附、四谷見附、
市ヶ谷見附を経て飯田橋へ至るルートでした。

東京タワー2.jpg

当時も走っていた慶應義塾前にて記念撮影。
東京タワーへ近づいていく
この桜田通りをまっすぐ進めば、
絵柄となった赤羽橋に至ります。

東京タワー3.jpg

赤羽橋交差点にて。
絵柄のように道路も映すと、
今ではこの位置からは
東京タワー全体は入り切りません。

当時と現在の同じ場所の比較もまた
旅やお散歩の楽しみのひとつですね。

さて東京タワーの風景印ですが、
当ブログでは以前、東京タワーを取り上げており、
それが描かれた近隣局の風景印も
いくつかご紹介しましたので、
今回は慶應義塾前郵便局の風景印を
ご紹介したいと思います。

慶応義塾前.jpg

桜田通りの慶應義塾前は
東京タワーがとてもきれいに見えますので、
その場所にある郵便局の風景印にも
しっかりと東京タワーが描かれていますね。




:::::

そして最後は「現在の都電」として取り上げた
都電荒川線沿線を訪れてみます。

あらかわ1.jpg

あらかわ遊園の観覧車と記念撮影。
やはりこちらも以前ご紹介していますので、
今回は荒川線沿線の他の場所を
ご紹介したいと思います。

三ノ輪橋から15停留所目、
早稲田からは14停留所目と
ほぼ中間に位置するのが王子駅前停留所です。

王子駅前停留所から早稲田方面へ走る都電が、
左に迂回して明治通りへ進みます。

現在の都電荒川線が自動車と共に
併用道路を走るめずらしいエリアが、
この王子駅前〜飛鳥山間となります。

あらかわ2.jpg

左へ折れて明治通りへ入る都電。
ここから飛鳥山までの間が併用道路を走るのですね。
その様子を見てみましょう。

DSC_0794.jpg

この大きな交差点の角(写真右手前)には、
飛鳥山前郵便局があります。
もちろん風景印には都電が描かれています。

飛鳥山前.jpg

(風景印は画像消去処理をしています)。



王子駅前停留所から
飛鳥山前郵便局は歩いてもさほど距離はありません。
そしてこの間にもうひとつ、王子本町郵便局もあります。

王子本町.jpg

こちらも都電が描かれています
(風景印は画像消去処理をしています)。



最後に、
やはり都電風景印として
荒川郵便局(荒川区役所前停留所下車)
のそれをご紹介します。

荒川.jpg

(風景印日付は画像消去処理をしています)。

都電が2台描かれていますね。
ちなみに、荒川郵便局は今年の11月に
開局80年を迎えます。



<都電フォルムカードセット>の旅として、
2回に分けてお届けしました。


2012年08月20日

都電フォルムカードセット-1


8月20日(月)から<都電フォルムカードセット>が発売となりました。

cv.jpg

今年8月1日には101周年を迎えた東京都の交通局。
中でも「都電」は首都・東京の発展を見守り続け、
今もなお荒川線が走っています。

今回の絵柄では、昔と今にフォーカスをあて、
建設途中の東京タワーなど時代ごとの東京を背景に描きました。

DSC_0029.jpg

付録の「都電」全盛期の復刻路線図もお楽しみ頂けます。
当時の路線図を見ると、
いかに多くのエリアを「都電」が走っていたかが分かります。

<都電フォルムカードセット>で描かれた
それぞれの場所を訪問してみます。

まずは今回は、
「霞が関ビルディング」と「銀座四丁目」「国会議事堂」です。

KASUMI3.JPG

日比谷通りと外堀通りが交差する地点から、新橋側を眺めてみます。
そしてこの逆側を見ると、霞が関ビルがあります。

KASUMI4.JPG

<都電フォルムカード>が、霞が関ビル(向正面)と記念撮影。

kasumi5.jpg

1964(昭和39)年、東京モノレールと東海道新幹線が開通、
そして東京オリンピックの開催。
60年代のニッポンが発展へと邁進していたとき、
日本初の超高層建築・霞が関ビルの建設がはじまりました。

地上36階・高さ147mの霞が関ビルは、
東京オリンピックの翌65年(昭40)年に起工。
67(昭和42)年4月に上棟し、
68(昭和43)年4月にオープンしました。

36階には展望回廊があり、多い日で1日に1万人もの人が来場。
地下鉄初乗り運賃が30円の当時、入場料は250円だったそうです。

霞が関ビルの中には、霞が関ビル内郵便局があります。
風景印はもちろん霞が関ビルです。

KASUMI1.JPG

(風景印の日付は画像消去処理をしています)。



:::::

次に「銀座四丁目」を訪れます。

GINZA3.jpg

日本を代表する繁華街・銀座は当時、
「都電」の路線も縦横に張り巡らされていました。
特に銀座通り(中央通り)と晴海通りが交差する銀座四丁目は、
七つもの系統の都電が集う花道といわれました。

その銀座四丁目を象徴する存在が、
和光(「銀座・和光」とも呼ばれています)。

現在では近代化産業遺産に認定されている
その時計塔をバックに、横の歩道側にある
営団地下鉄(当時。現・東京メトロ)銀座線の
銀座駅入口を見ながら停留所に止まる
「都電」が描かれています。
まさに都電全盛期の一コマともいえる光景です。

ちなみに和光の時計塔は今年6月、竣工80年を迎えました。
銀座四丁目にもっとも近い銀座四郵便局。
その風景印にも和光が描かれています。

GINZA1.JPG

(風景印日付は画像消去処理をしています)。



:::::

つづいては、
有楽町方面から内堀通りを走る都電の向こうに見えるのは
1936(昭和11年)に完成した国会議事堂。

国会議事堂.jpg

「白亜の殿堂」と賞賛された建物の高さは65m(中央塔の高さ)。
完成当時、日本橋の三越を抜き日本一の高さでした。
28年後の64(昭和39)年に
ホテルニューオータニ本館が抜くまで高さ日本一の座にありました。

前述した霞が関ビルがそれを抜くのが
さらに4年後の68(昭和43)年のことでした。

議事堂.jpg

桜田門から警視庁横を通り、
国会議事堂を望む国会前交差点に差し掛かります。

当時の都電は
議事堂を正面に見ながら右に迂回して三宅坂へと向かい、
その後、半蔵門、麹町、四谷などを経て新宿を目指しました。

最後に、国会内郵便局の風景印をご紹介します
(国会議事堂の中ではありません)。

国会風景印.jpg

(風景印日付は画像消去処理をしています)。




次回は、東京タワー、勝鬨橋、あらかわ遊園を訪れます。

<都電フォルムカードセット>についての
販売局情報 その他詳細は、以下にてご覧ください。

http://www.postacollect.com/news.html#news01


2011年05月27日

掲載記事


5月26日発売のムック『愛しの文房具』(竢o版社)で
<ご当地フォルムカード>とPOSTA COLLECTアイテムが紹介されました。

pub2.jpg

pub1.jpg


ムックの詳細は以下にて。

http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=15185


<ご当地フォルムカード>は今週、福島県の南相馬市などへ出かけました。
福島県への旅は近々に掲載させて頂きます。

週末からは福岡遠征の予定ですが、台風がとても心配です。


2011年04月12日

Pray for Japan.



この度の東日本大震災により

被災された皆さまに、

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。



2010年07月23日

風景印の中の富士山


富士山の最終回です。

今回は、風景印の中の富士山を取り上げたいと思います。

まずは登頂した富士山頂郵便局の風景印。

ffukei1.jpg


ご当地フォルムカードやポスト型はがきは、地元からの便りとしてはもとより、
旅先からの便りにもご使用頂くことができます。

ご当地感溢れる風景印と共に大切な人へ送ると、さらに風情が増してきます。

風景印に富士山を取り入れられている郵便局は、
静岡県や山梨県を筆頭に数多くあります。

今日はその中から、静岡県の一部をご紹介させて頂きます。
(風景印内の日付は画像処理で消去しております)。


1.JPG

11.JPG

焼津です。焼津といえばカツオですね。カツオは水揚げ日本一を誇ります。
漁業が盛んですから、富士山の手前には漁船も見えています。


13.JPG

7.JPG


9.JPG

静岡城西郵便局は、静岡市にある駿府城跡(駿府公園)近くにあります。

sunpujyo.jpg

駿府公園。園内には徳川家康公の銅像もあります。

10.JPG

JR静岡駅に近い静岡中央郵便局の風景印です。

shizu.jpg

静岡駅前。


次は、清水です。昔は清水市でしたが、今は静岡市の清水区になっています。

4.JPG

3.JPG


三保といえば、三保の松原。日本三大松原の誉れ高い名所です。
松原は見事ですが、海岸から仰ぎ見る富士山も絶景です。

miho.jpg


清水から東へ国道一号線を、東名高速道路と共に駿河湾沿いを進みます。
東海道五十三次の宿場町と出逢います。

十八番目の宿場町だった江尻(現在の清水)から東へ、
十七番・興津、十六番・由比、十五番・蒲原、十四番・吉原、
十三番・原、十二番・沼津、そして十一番・三島。

三島を過ぎれば東へ次は神奈川県に入り、十番宿の箱根になります。

6.JPG

5.JPG


興津郵便局と由比郵便局の風景印は、
まさに歌川広重<東海道五十三次-由比>で描かれた絶景が生きています。

興津と由比の間にあるサッタ峠(PC変換不能漢字のためカナ表記)からの
富士眺望は、時代を経てもなお現代に残っています。

satta.jpg

yui.jpg

宿場町・由比。駿河湾側を国道一号線、東名高速道路、JR東海道本線が並んで走ります。


8.JPG


*****


そして今日の最後は、富士山のお膝元。

前回、富士山山頂で掲載した富士山本宮浅間大社。
山頂にはその奥宮があり、富士宮市内にはその本宮があります。

本宮に近い富士宮宮町郵便局の風景印。

12.JPG

富士山本宮浅間大社には湧玉池という池があります。
その水は、富士山の雪解け水が
何層にもなった溶岩の間を通って湧き出るものといいます。
さすがに清らかで透き通っています。

wakutamaike.jpg

富士山に登る人は、
この霊水に禊をしてから登るという古来の習わしがあるそうです。


富士山シリーズはこれで終わります。

季節的にもそろそろ北海道へも旅をしたくなりましたが、
次回は<ご当地フォルムカード/第二弾-高知県>坂本龍馬が、
自身ゆかりの地を旅したいと思います。





2010年06月22日

平城遷都1300年祭



本日より、
全国の郵便局で販売されている
<ご当地フォルムカード>と<ポスト型はがき>の「旅」を
POSTAブログでお届けして参ります。

どうぞよろしくお願い致します。


*****


ニッポン生誕の都ともいわれる奈良では今年、
県内各地で平城遷都1300年を祝うイベント<平城遷都1300年祭>が
行われています。
メイン会場となっているのが、世界遺産・平城宮跡です。

nara50.jpg

近鉄奈良駅構内も<遷都1300年祭>一色です。

ご当地フォルムカードとフォルムカード、そしてポスト型はがきの
スペシャル版<平城遷都1300年祭ポストカード・セット>も
奈良県内の郵便局並びに平城宮跡会場に設けられた
「せんとくん郵便局」で販売中です。

そのセットの中から「朱雀門」フォルムカードが、朱雀門を訪れました。

nara6.jpg

suzakumon2.jpg

suzakumon.jpg

貫禄の朱雀門です。
外国の使節の送迎を行ったり、
大勢の人が集まって歌垣などが行われたそうです。


nara9.jpg

復原された遣唐使船も必見です。
日本史で習ったのを思い起こさせる遣唐使船。

当時は難破、漂着、水没などを繰り返す危険な航海だったようで、
その任に命じられた人の中には仮病をつかい、渡航を避ける人もいたようです。


nara8.jpg

平城宮跡を保存し守った功労者、棚田嘉十朗の銅像も立っています。


nara10.jpg

朱雀門から正面。向こうを見れば第一次大極殿。
朱雀門とその間には電車が走っているという風景が見られます。


時間をかけてこの広い平城宮跡会場を歩けば
悠久の古代浪漫へタイムスリップしたかのよう。

<平城遷都1300年祭>の平城宮跡会場での会期は、11月7日まで。


この平城宮跡会場に近い、大きな郵便局は奈良中央郵便局です。
次回は、ポスト型はがきと共にご紹介します。


*****


<平城遷都1300年祭ポストカード・セット>

heijyo.jpg

朱雀門・第一次大極殿・遣唐使船・せんとくん(とミニ)
それぞれのフォルムカードと、
ご当地フォルムカード第一弾「奈良県」、
ポスト型はがき「平城遷都1300年祭」名入りが入った
合計7枚入りのセットで1,300円です。

奈良県内の郵便局並びに平城宮跡会場に設置の「せんとくん郵便局」で販売中です。