2017年04月18日

織田信長-2


<ご当地フォルムカード>第三弾/愛知県「織田信長」
(以下:織田信長)が名古屋から岐阜へ向かいました。

gifu100.jpg


JR岐阜駅前で黄金の織田信長像と記念撮影。

駅前は「信長ゆめ広場(中央広場)」として整備されています。
イベントなどに利用できる三日月型ステージや音響設備が設置された、
にぎわい創出の中心となり、
その全体を黄金の織田信長像が見渡している感じです。

岐阜市のホームページ記載によれば、
この黄金の信長像は
岐阜市民の皆様からの寄附によって建立されたそうです。
さすが織田信長の岐阜、岐阜の織田信長といえましょうか。


onon2.png


2017(平成29)年の今年は特に織田信長と岐阜の節目でもあります。
「織田信長公岐阜入城」「岐阜命名」450年という節目の記念イヤーです。


onon4.jpg


岐阜城と記念撮影。

今から450年前の1567(永禄10)年。
斉藤龍興を破った織田信長は本拠地を移し、
町名を「井口(いのくち)」から「岐阜」へと改めたとされています。


onon3.png



岐阜城天守へ向かうロープウェイと、眼下に見える川は
鵜飼で名高い長良川。
織田信長は鵜飼を芸能としても重んじたとされています。

”漁”である鵜飼に
”観覧”するという側面に光を当て接待などで重宝しました。
1568(永禄11)年には
武田信玄の使者・秋山虎繁も船上での鵜飼観覧に興じたとされています。



最後に、岐阜県庁の中にある郵便局、
岐阜県庁内郵便局の風景印をご紹介したいと思います。
さすがに岐阜県を代表する図案となっています。


onon5.png


県庁舎に、鵜飼の鮎と金華山、岐阜城天守閣ですね
(風景印日付は画像消去処理をしております)。