2016年12月05日

富山の売薬


<ご当地フォルムカード>第七弾/富山県「富山の売薬」が
富山市にやってきました。

toya6.jpg

北陸新幹線開業後、はじめての富山市訪問。
JR富山駅も一段ときれいに生まれ変わりました。


toya555.png


富山市の象徴ともいえる立山連峰は変わらぬ壮麗な姿を見せてくれます。

JR富山駅の南口駅前の通りを渡ると
北陸新幹線開業前から変わらず「富山の売薬」の像があります。

<ご当地フォルムカード>「富山の売薬」が
表敬訪問で記念撮影をしました。

toya4.png


銅像は同じ場所にふたつのバージョンがあります。


toya5.png

「先用後利」(得意先である各家庭に薬を預けて先に使ってもらい、
使った分の代金を後で受け取る)という、
消費者にとって便利な商法が、
富山の薬を全国に浸透させる源になったとされています。

家庭を回る際に、
そこに子供がいたらお土産も渡していたそうで、そのひとつが紙風船。
銅像でも<ご当地フォルムカード>でも子供が持っているのが紙風船ですね。


DSC_0047.jpg

JR富山駅から車で約20分。
北陸新幹線の撮影スポットのひとつでもある
呉羽丘陵に富山市民俗民芸村という博物館群があります。

そのひとつに富山売薬関係史資料の保管、展示、収集を行っている
「売薬資料館」があります。

製薬道具、売薬のおまけ・進物類(売薬版画、紙風船等)、
柳行李や懸場帳などの行商用具など興味深い数多くの展示があります。

toya151.png


:::::


富山駅前郵便局の風景印をご紹介します。
まさに図案は「富山の売薬」です。

toya3.png

背景にはさすがにシンボルの立山連峰も描かれています
(風景印日付は画像消去処理をしております)。




最後にJR富山駅前で記念撮影して、富山市とお別れです。

toya2.png