2015年04月02日

宮城の旅


<ご当地フォルムカード>の最新シリーズ第7弾が、3月20日に発売となりました。

早速、宮城県「ずんだ餅」が、
県内の東日本大震災被災地各所を訪れました。

DSC_0222.jpg

震災で甚大な被害を受けた女川町ですが、
「千年に一度のまちびらき」として 3月21〜22日に大きな催しが行われました。

21日には、新しい女川駅が開業。
それと同時にJR石巻線の浦宿〜女川間が運行再開したことで、
ついに全線復旧となりました。

miyagi5.jpg

生まれ変わった女川駅。
1階に改札、2階に女川町温泉温浴施設「女川温泉ゆぽっぽ」、
3階が展望フロアになっています。

miyagi10.jpg

<ご当地フォルムカード>第7弾/宮城県「ずんだ餅」が
女川駅で記念撮影。 女川駅はJR石巻線の終着駅です。

DSC_0219.jpg


::::::


次に車で約30分の石巻市内へ移動。港から船に乗り、田代島へ向かいました。

miyagi20.jpg


石巻市に属する田代島は、宮城県東部の牡鹿半島の西部に位置し
石巻市中心部から約17kmの距離にある有人島です。
きれいな海に囲まれた島は手つかずの自然がそのまま残っています。

miyagi21.jpg

田代島は「猫の島」としても知られています。
人口(85人:平成26年3月末日時点「住民基本台帳」)よりも
猫の方が多いといわれていますが、昔から大漁の守り神として
住民が猫を大切にしてきたからでしょうし、
猫にとっても住みやすい土地なのかもしれませんね。

島内を歩いていると至るところで猫に出逢います。


miyagi9.jpg

miyagi7.jpg

人口の少ない島ですが、かつては簡易郵便局があったそうです。
現在は、ポストカードなど田代島の猫グッズを販売するお店と
島の小さな歴史館になっていて、
観光客のお立ち寄りスポットにもなっています。

miyagi6.jpg


船で石巻市に戻ります。まずは海に近い門脇地区へ。
「がんばろう!石巻」の文字が大きく書かれた看板で応援の記念撮影。

miyagi3.png


石巻市は仙台市に次ぐ県内第二の人口を誇り、
カキの養殖など全国的に名高い水産都市です。

また「マンガの街」としても知られ、
石巻駅から石ノ森萬画館の間のマンガロードには、
宮城県出身の漫画家・石ノ森章太郎さんの作品のキャラクターが立っています。

DSC_0135.jpg

DSC_0215.jpg

石ノ森章太郎さんの萬画の世界観に触れる石ノ森萬画館と記念撮影です。


:::::


大きな都市・石巻を起点に女川町、田代島と回ってきましたが、
最後は仙台市街地から車で約40分の仙台空港周辺の岩沼市へ立ち寄りました。

DSC_0090.jpg

海に近いこのエリアも震災では大きな被害を受けました。
向こうに見えるのが仙台空港。
空港の裏手、海側は現在、「千年希望の丘」として整備され、
慰霊碑も建っています。

DSC_0092.jpg

<ご当地フォルムカード>第7弾/宮城県「ずんだ餅」が、
今回の旅の最後に 「千年希望の丘」で記念撮影をしました。

DSC_340091.jpg

岩沼海浜緑地内への津波は8mの高さに達したそうですが、
高さ約10mの丘の上に3名の方が避難して助かったそうです。
津波の力の減衰や避難場所として丘を築き、植樹をするなどして
「千年希望の丘」は整備されているところです。

その想いは、
「千年先の子供たちが笑顔で幸せに暮らせることを願って」
というものです。


:::::


最後に、石巻市の石巻郵便局の風景印をご紹介したいと思います。

DSC_0337.jpg

北上川、マンガロードのモニュメント「ロボコン」、
そして震災時、多くの方が避難して助かった日和山です
(風景印日付は画像消去処理をしております)。