2012年05月07日

上杉謙信



出雲崎から日本海側を西へ下っていくと上越市中心部に辿り着きます。

北陸自動車道と上信越自動車道の合流地点でもある
上越ジャンクションがあります。
関東と北陸を結ぶ物流の動脈としても重要な存在です。

そして上越といえば、戦国時代の越後の武将・上杉謙信です。

<ご当地フォルムカード>第三弾/新潟県『上杉謙信』が、
謙信のお膝元・上越市を訪れました。

まずは旧・高田市(現・上越市高田地区)にある
JR信越本線・高田駅周辺で見つけたユニークな郵便ポストで記念撮影。
ポストの上に上杉謙信の像が乗っています。

jyoetsu1.jpg

jyoetsu2.jpg

風情ある高田駅。
ここからは日本三大夜桜の誉れ高い高田公園や
高田城三重櫓などの見どころへ行くことができます。

次に上杉謙信の居城・春日山(春日山城跡)を訪れます。
標高180mの春日山の地形を生かした天然の要害といわれています。

DSC_0033.jpg

春日山には謙信を祭神として祀った、
1901(明治34)年創建の春日山神社があります。

jyoetsu3.jpg

DSC_0012.jpg

jyoetsu7.jpg

謙信像が雄々しく立っています。

春日山で謙信詣でをした後、
謙信が七歳から十四歳までの多感な時期を
天室和尚の厳しい教育のもと過ごした林泉寺を訪れました。

謙信は戦国武将の中でも教養が高いとされていますが、
この林泉寺で過ごした少年期が
大きく影響しているのかもしれませんね。

このお寺は、
謙信の祖父・長尾能景が1497(明応6)年に建立した古刹です。

DSC_0043.jpg

jyoetsu5.jpg


最後に、
上杉謙信がモチーフとなっている
上越中屋敷郵便局の風景印をご紹介いたします。

DSC_0063.jpg

(風景印日付は画像消去処理をしております)。

DSC_10062.jpg