2011年10月14日

鉄道の日


我が国最初の鉄道が新橋-横浜間に開通したのが、
今から139年前の今日、1872(明治5)年10月14日のことです。
来年は鉄道開通140周年になります。

新橋。
ニュースなどでお勤め帰りのお父さんたちが
よく街頭インタビューされる日比谷側SL広場に
国鉄C11形蒸気機関車が静態保存されています。

tetsu3.jpg

日比谷側と反対の汐留側へ行ってみます。

tetsu1.jpg

<ご当地フォルムカード>第二弾/東京都(東京タワー)の背景は、
旧新橋停車場/鉄道歴史展示室です。

日本の鉄道の起点となった旧新橋停車場(汐留)駅舎を再現。

展示室内の床の一部はガラス張りになっていて、
開業当時の駅舎基礎石遺構を見ることができます。

建物の後ろに立つビルは汐留シティセンター。
その中に汐留シティセンター郵便局があります。

tetsu5.jpg

風景印では、
ちょうどこの付近のビルの合間を縫って走る
ゆりかもめが描かれています。

tetsu6.jpg

新橋駅周辺の高架。ビルの合間を縫って走ります。
ゆりかもめは、新橋と江東区・豊洲間を結ぶ
新交通システムで、沿線に観光ランドマークも多いことから
人気路線となっています。
乗車中、東京タワーや東京スカイツリーなどのランドマークも見え、
東京観光にもうってつけです。




そこから歩いて数分にある新橋郵便局。
その風景印には、1号機関車が描かれています。

tetsu4.jpg

いい具合に柳がかかっていますね。




冒頭で触れたC11形蒸気機関車が静態保存ではなく、
動態保存されているのが、静岡県の大井川鐵道。

旧国鉄で蒸気機関車が全廃された1976(昭和51)年、
大井川鐵道は日本で初めて蒸気機関車の動態保存を始めました。
今もなお、C11形は走っています。

jyoki.jpg

(写真はC56形)

大井川鐵道はこの12月で開通80周年を迎えます。

<ご当地フォルムカード>静岡県/第一弾(茶-茶娘/茶畑)が、
赤い鉄橋を借景に記念撮影をしました。

oi1.jpg

大井川鐵道の起点は金谷駅。
同エリアで最も大きな郵便局、
金谷郵便局の風景印にも蒸気機関車が描かれています。

oi2.jpg

<ご当地フォルムカード>静岡県の絵柄にちなんだ
「茶娘」「富士山」も描かれていますね。

(日付は画像消去処理をしています。
 実際の送付の際は120円切手貼付となります)。




本日は、鉄道の日。

<ご当地フォルムカード>での鉄道絵柄
(第二弾/神奈川県、第三弾/千葉県、埼玉県)を手に
お散歩するのも一計。