2011年10月10日

晴れの特異日/前編


晴天、雨天など特定の気象・天候が現れやすい日は「特異日」と言われます。
晴れの特異日、雨の特異日などです。

「晴れの特異日」といえば、他の日(その前後の日)より
晴天になる確率が高い日。
イメージ的にそれは10月10日と言われています。
体育の日として知られた祝祭日でした。
現在その体育の日は移動祝祭日になっており、10月10日とは限りません。

しかし日本人の中には
「10月10日=体育の日」という通奏低音が長い間、横たわっていました。
10月10日が「晴れの特異日」であるというイメージも同様です。

その"開会式"の日が10月10日に選ばれたのは、
その日が晴れの特異日だったからという説も
まことしやかに人々の中に存在し、
以降もその日は晴れるという観念があったのも、
それを信じるに足る鮮烈な実例があったからと考えられます。

そう。その"開会式"とは1964(昭和39)年の東京オリンピックです。

あの日、会場でテレビでそれを観た人も、
まだ生まれていない人も、誰もが後に見る開会式の写真。
誇らしげに入場してくる日本選手団の頭上は、
世界中の青空が集結したかのような絶好の秋晴れが広がっていました。

今日10月10日は
東京オリンピックが開幕した日から、ちょうど47年目を迎えました。

前編・後編に分けて東京オリンピックの主舞台をめぐってみます。


*****


まずは山の手。渋谷、世田谷です。

丹下健三氏の不朽の名作は、
国立代々木競技場第一・第二体育館。

JR原宿駅で下りてすぐです。

gorin01.jpg

競泳が行われた第一体育館。

<ご当地フォルムカード>第二弾/東京都(東京タワー)が、
バスケットボールが行われた第二体育館で記念撮影です。

gorin4933.jpg

この国立代々木競技場を風景印とする郵便局が、
競技場の渋谷側にあるNHKの放送センター内郵便局です。

gorin11.jpg

gorin09.jpg



渋谷から東急田園都市線に乗り、国道246号線を走ります。

東京オリンピックの頃、
そこは"玉電"という愛称で親しまれていた路面電車が走っていました。

駒沢大学前駅で下ります。

今では世田谷区民憩いの場、スポーツの場として
多くの人が集う駒沢オリンピック公園があります。

gorin13.jpg

サッカーの日本戦が行われた駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場。

競技場前は大きな広場になっています。

右手に陸上競技場、
左手に"東洋の魔女"といわれたバレーボール女子日本代表が闘い、
レスリング競技も行われた駒沢オリンピック公園総合運動場体育館、
中央には美しい造形のオリンピック記念塔(管制塔)がある構図です。

gorin1.jpg

gorin78.jpg

記念塔の下の池にはオリンピック時の聖火台が置かれています。

gorin4.jpg

駒沢大学前駅を下りて国道246号線に沿って歩けば、
世田谷駒沢郵便局があります。
風景印はもちろん駒沢オリンピック公園です。

gorin7.jpg

下部に描かれている建物が体育館です。

gorin540.jpg




駒沢大学前駅から東急田園都市線で、
二子玉川方面へ乗って二つ目が用賀駅。
ここからしばらく歩けば優雅な空気が流れる馬事公苑があります。

gorin9999.jpg

オリンピックでは馬術競技が行われた会場です。
今でも馬術競技が行われています。

<ご当地フォルムカード>第三弾/東京都(上野動物園)の
パンダとゴリラも、馬事公苑へ行きました。

gorin99.jpg

gorin999.jpg

馬事公苑を絵柄としたエレガントな風景印。

gorin3.jpg

世田谷用賀郵便局です。

gorin5.jpg



渋谷を起点に西へ世田谷、東へ外苑と
東京オリンピックを辿る秋のお散歩もおススメです。

東京オリンピックは、
中止になりましたがずっと以前の1940(昭和15)年に行われるはずでした。
その時のメイン会場となっていたのが、駒沢だったそうです。

(当欄内の風景印は、日付を画像消去処理を行っております)。

さて、晴れの特異日。
10月10日が本当にそうかは分かりません。

それでも人々の心の中にいつも
東京オリンピック開会式の日、体育の日は、
秋晴れの晴天というイメージが残っています。

何となく大学入試(センター試験)の日が雪
というイメージがあるのにも近いかもしれません。

10月10日は、心の中の晴れの特異日。

それで良いのではないでしょうか。