2011年09月12日

観月


中秋の名月。
空に輝く美しい満月を撮りました。

meigetsu.jpg

かの紫式部は、
石山寺(滋賀県大津市)に籠り新作を練っていました。
なかなか構想が進まない中、満月を見て着想。書きはじめました。

それが世界最古の長編小説とされる壮大なる王朝絵巻
「源氏物語」の誕生といわれています。

石山寺にある月見亭と満月が交錯する写真は、
あまたある名月の中でも白眉ですね。

この石山寺の月と共に日本三大名月といわれるのが、
信州姨捨山、京都大沢池。

他にも名月とされる場所は国内に多くあります。

その中の一つが宮城県の"日本三景"松島。

<ご当地フォルムカード>で唯一、
月が描かれているのが第一弾/宮城県(伊達政宗)です。

場所は松島ではありませんが、中秋の名月に記念撮影をしました。

meigetsu2.jpg

最晩年、政宗は最後の月見を中秋の名月に松島で楽しみました。
政宗の辞世の句にも月は出てきます。

『曇りなき心の月をさき立てて 浮世の闇を照らしてぞ行く』。


皆様も今夜、各地できれいな満月を愛でられましたでしょうか。