2011年08月14日

軽井沢より


皆様、お盆休みをいかがお過ごしでしょうか。

今年は猛暑ですが、例年と比べて海の人出が少ないようです。
緑溢れるひんやりとした森の中を歩くなら、
避暑地としても知られる那須や軽井沢も良いでしょうか。

<ご当地フォルムカード>/長野県が、軽井沢を訪れました。

karukaru44.jpg

白樺をイメージした瀟酒な軽井沢駅。
長野新幹線も停まることで電車で訪れる人で溢れています。

karukaru45.jpg

ジョン・レノンや多くの作家も愛した軽井沢町は、
関東首都圏や中京圏からも多くの観光客が訪れる
県内屈指の観光地です。

karukaru80.jpg

軽井沢最古のホテルは万平ホテル。
昔懐かしい丸型ポストが建っています。
このホテル裏手には、"ハッピー・ヴァレイ(幸福の谷)"
と呼ばれる石畳の散歩道があります。

"軽井沢の主"と呼ばれた室生犀星を起点に
多くの作家が集った軽井沢の中でも、
川端康成はこのハッピー・ヴァレイをいたく気に入り
山荘を構えていました。
堀辰雄は名作「風立ちぬ」の最終章をその山荘で書き上げたそうです。

karui2.jpg

有島武郎の別荘"浄月庵"。
数々の名作を残した有島武郎は1923年の夏、
別荘で編集者・波多野秋子と心中し、この世を去りました。


さて、軽井沢。
その自然のみならず、
国重要文化財など名建築が多く点在しています。

<ご当地フォルムカード>第一弾/長野県(りんご)が、
旧三笠ホテル前で記念撮影です。

KARUI3.jpg

"軽井沢の鹿鳴館"といわれた旧三笠ホテルは、
国重要文化財に指定されています。

karukaru101.jpg

先に掲載した万平ホテルと共に、
日本の"クラシック・ホテル"の一員となっています。

教会が多いのも軽井沢の特徴です。
<ご当地フォルムカード>第三弾/長野県(ニホンカモシカ)が
緑の森の中にある石の教会を訪れました。

karu44.jpg

建築が自然の一部になるという"オーガニック建築"。

karukaru103.jpg

karukaru102.jpg


軽井沢を散策するなら自転車が便利です。
各所にレンタサイクルのお店があり、
比較的平坦な町内を風を切って走れば気分爽快。

軽井沢、中軽井沢、旧軽井沢周辺を一気に回ることができます。

自転車で回っていると軽井沢には、
昔懐かしい丸型ポストが多くあることに気がつきます。

karuizawa1.jpg

軽井沢タリアセンにあるポスト。

karuizawa4.jpg

星野エリアの軽井沢マルシェにあるポスト。

町の雰囲気と丸型ポストがよく似合います。
そんな軽井沢ですから、郵便局舎も閑雅な装いです。

karuizawa2.jpg

軽井沢駅前郵便局。



そして軽井沢郵便局は、
最も人通りの多い旧軽銀座の真ん中にあります。

karuizawa3.jpg



軽井沢からお届けの最後は、

<ご当地フォルムカード>第一弾/長野県(りんご)が、
軽井沢タリアセンにある
軽井沢別荘建築の中でも最上質ともいわれる
睡鳩荘を借景に撮った夏の軽井沢を感じさせる写真です。

KARUI1.jpg