2011年02月25日

伊達な旅



少々ご無沙汰してしまい、申し訳ございませんでした。

パリへの旅からの帰国が遅くなってしまいました。
戻ってみると既に首都圏では、菜の花や梅が咲き始めていました。

0225a.jpg

0225b.jpg

横浜市の金沢自然公園で咲く梅と菜の花です。
間もなく啓蟄。春の足音も近づいてきましたね。

でも、東北地方はまだまだ寒いです。

<ご当地フォルムカード>第一弾/宮城県(伊達政宗)が、
日本三景の松島を訪れました。

0225h.jpg

日本三景の碑にて。
天橋立、宮島と並ぶ堂々たる日本三景・松島。
宮城県民のみならず、日本の宝ともいえる景観美です。

0225g.jpg

まさに伊達政宗にとっては縁深い瑞巌寺と松島への帰還です。

<ご当地フォルムカード>の旅としても
東北地方は、昨秋の岩手県、山形県以来ですね。

0225d.jpg

0225e.jpg

0225f.jpg

眺望としては四大観が有名ですが、
松島は見る場所によって本当に様々な美しさを見せてくれます。

松島の、景観の中で切っても切れないのが五大堂です。
瑞巌寺に属する国重要文化財・五大堂は、
松島のシンボル的な景観の一つです。

0225i.jpg

かの写真家・土門拳さんが雪の五大堂を撮った同じ構図です。
ここで政宗公も記念撮影です。

0225j.jpg

松島、五大堂といえばさらにもっと知られる光景としては
松島海岸駅から歩いて向かってくる側から見る構図です。

0225k.jpg

いつかどこかで見ているような既視感を覚えさせます。

0225l.jpg

同じく五大堂とその向こうに見える福浦島、
そして赤い欄干の長い橋が福浦橋です。

0225m.jpg

遠く点在する島々をめぐる遊覧船もシンボルですね。
遊覧船とそれに乗るお客さんたちを
カモメが友好的に飛んでついてきます。

春夏秋冬、どの季節をとっても松島は、
心の贅沢を味わせてくれる地ですね。

最後に、松島にある昔なつかしい赤ポストを。

0225o.jpg