2010年12月14日

忠臣蔵(1)


江戸城中で二番目に長い廊下。
その畳敷きの立派な廊下に沿った襖戸には、松と千鳥が描かれていました。
松之大廊下です。

uchiiri1.jpg

uchiiri2.jpg

元禄14年,春。
この松之大廊下にて、播州赤穂藩主・浅野内匠頭長矩による
高家旗本・吉良上野介義央への刀傷事件が起こります。
浅野内匠頭は切腹に処されます。

この松之大廊下から忠臣蔵ストーリーが始まりました。

翌元禄15年の今日、12月14日
(現代の時刻では、正しくは15日未明)、
主君の仇をとるべく
筆頭家老・大石内蔵助良雄を中心とする赤穂四十七士が
現在の墨田区両国にあった吉良邸へ討ち入り、吉良上野介を討ちました。

過去から現在、歌舞伎座からテレビまで
題材として多く取り上げられる<忠臣蔵>です。

<ご当地フォルムカード>東京が、忠臣蔵ゆかりの地を訪れました。

uchiiri3.jpg

両国国技館と江戸東京博物館がある両国。
それらの大きな施設と、両国駅をはさんだ南側。
勝海舟生誕の地の近くに、
東京都指定旧跡「吉良邸跡」(本所松坂町公園)があります。

吉良上野介が江戸城近く鍛冶橋の屋敷からここへ移り住んだのは、
討ち入りの約1年前。
結果的にこれが討ち入りを容易にしたともいわれています。

uchiiri5.jpg

赤穂四十七士は、14日深夜に結集。現代の時刻で15日未明に
この吉良邸へ討ち入ります。

その際、大石内蔵助良雄の子・主税は裏門から入ったとされます。

uchiiri6.jpg

裏門側。大石主税以下24名が裏門を壊して侵入。

吉良家の家臣たちは寝込みを襲われます。
広い屋敷内で未明に続いた討ち入りで、
吉良側は40名以上の負傷者を出したのに対して、
赤穂浪士側は2名の軽傷者だけに留まったそうです。

吉良家は完全に虚をつかれた形になったのでしょう。

uchiiri7.jpg

吉良邸跡にある吉良上野介像と
<ご当地フォルムカード>第一弾/東京都(雷門)が記念撮影。

uchiiri8.jpg

uchiiri9.jpg

首洗い井戸も現存しています。


*****


この吉良邸跡のほぼ向かい側にあるのが、墨田両国三郵便局。



uchiiri10.jpg

(日付は画像消去処理をしています)。

風景印は、お膝元・大相撲。そして両国橋。

討ち入り後、
四十七士たちが向かったのは近隣にある回向院でした。
本懐を遂げた後の、いわば待ち合わせ場所。
そこで受け入れを拒否されて、次に向かったのが
風景印で描かれている両国橋。

しかし四十七士たちは両国橋を渡ることなく、
別のルートをとって、一路、主君の眠る泉岳寺へと向かったのでした。

(つづく)