2010年12月01日

銀杏並木



東京の、秋景色の名所。
その一つが明治神宮外苑の銀杏並木です。

<ご当地フォルムカード>第一弾&第二弾/東京都が銀杏並木をお散歩。

icho2.jpg

秋の澄み切った青空に黄に色づいた銀杏が映えます。

icho8.jpg

icho7.jpg

銀杏は、現存する最も古い前世界の植物の一つとされています。
氷河期の到来でその多くは絶滅しましたが、
温暖な気候条件を保った中国では生育を続けました。

我が国の銀杏は中国から渡来。
「東京都の木」としても親しまれています。
主に街路樹、防火樹、庭木として植えられています。

icho1.jpg

銀杏並木の向こう側、正面に見えるのは聖徳記念絵画館。

外苑の銀杏並木は、聖徳記念絵画館と並木の構図を遠近法を活用した見せ方で、
最高24メートル、最低17メートルの樹々を
その樹高順に青山口(上写真撮影位置側)から降りて勾配に従って植えられたそうです。

映画「第三の男」などのような、
まるで欧米のような風景と、現場の空気感が漂います。

icho4.jpg

icho3.jpg

明治神宮外苑では現在、「神宮外苑いちょう祭り」が開催中です。

icho6.jpg