2010年11月03日

唐津くんち-2



まさに「唐津くんち」まっ只中の佐賀県唐津市。

今年は第九番曳山の"武田信玄の兜"が
26年ぶりに塗り替えられて登場しているようです。

市の発表によれば、11月2日夜の宵ヤマでは20万人を超える人出があったそう。
さすがの一大イベントですね。

前回は<ご当地フォルムカード>と「唐津くんち」ゆかりの地を旅しましたが、
今日は、ポスト型はがきをご紹介します。

まずは、唐津坊主町郵便局と唐津大名小路郵便局。

karakara3.jpg






後者は、前回ご紹介した曳山展示場や唐津神社に近いです。


そして唐津郵便局の風景印。

karakara1.jpg

(日付は画像消去処理をしています)。

こちらは、唐津城が描かれています。
他には日本三大松原の「虹の松原」と、鏡山です。

鏡山は西展望台が、
唐津湾と虹の松原を俯瞰して眺められる絶景スポットです。

鏡山はまた、日本三大悲恋物語「松浦佐用姫」で知られています。

百済の救援に向かう軍船に乗った青年武将と
恋愛関係にあった松浦佐用姫は、

己が身にまとっていた領布をこの鏡山で打ち振って
青年との別れを惜しみながら船を見送ったものの、

あまりの悲しみからそのあと七日間ひたすら泣き続けた末に
ついには石へと化身したというものです。




唐津郵便局は、前回ご紹介した唐津城とその前の橋の近くです。


最後は西唐津郵便局です。

karakara2.jpg

イカで有名な呼子へ連なる国道204号線沿いにあります。