2010年10月20日

グラバー園



<ご当地フォルムカード>は、九州にやって来ました。
まずは長崎はグラバー園。

第一弾/長崎県(旧グラバー邸)と第二弾/高知県(坂本龍馬)が
ダブルで、ゆかりのグラバー園を訪れました。

naga4.jpg

まずは前者が旧グラバー邸とご対面です。

旧グラバー邸の旧グラバー住宅(Former Glover House)は、
グラバー園の中心的存在です。

我が国で最も古い木造の西洋風建築として、1863年に建てられました。
南国のバンガローをイメージした独特の建築の設計は、
グラバー自身の手によるもの。

愛用していたステッキなどの遺品が展示されています。

トーマス・ブレーク・グラバーは、スコットランドから幕末の日本にやって来た商人です。
薩摩、長州、土佐などの倒幕派を支援。
後に"長州ファイヴ"といわれる薩摩の五傑による渡英を後押ししました。

龍馬の商社・亀山社中が設立後すぐに大量の武器を外国から
輸入し得たのも、グラバーの存在があったからともいわれています。

naga3.jpg

二人が出逢ったのは、共に二十代の熱い頃。
長崎で二人は何を語り合い、共に動いたのでしょうか。

naga7.jpg

グラバー園にはまた、長崎伝統芸能館もあります。
長崎の氏神様である諏訪神社の秋の大祭である長崎くんち
(10/7-9で行われました)に関するビデオ上映、
奉納する踊り龍の他、関連展示があります。

第二弾/長崎県(長崎くんち)も旧グラバー邸をバックに
記念撮影をしました。

naga80.jpg


"くんち"といえば、佐賀県の唐津市でも行われますね。
唐津くんちは来月2日〜4日に開催されます。